たった一つの記念日に思いを込めた風呂敷を

風呂敷の使い道を色んな方向から考えてみる

 

綿素材について

 

風呂敷には、冠婚葬祭で多く用いられる絹をはじめ、
レーヨン・ポリエステル・ナイロンなど、多くの素材が用いられます。

中でも綿は、家庭で洗濯ができて、大きさの種類も豊富で
使い勝手の良いことから、人気が高い素材です。

綿と一口に言っても、織り方の違いで多くの種類があります。

紬風の不規則な節が横方向に入ったシャンタンは人気が高く、
丈夫で適度な厚みと手織りに似た風合いがあります。

banner

小さなサイズから大きいものまで揃っているので用途が多い生地です。

ブロードはきれいに揃えた綿糸を、高密度で織りあげているので
表面に適度な光沢があり、高級感があります。

表面にデコボコがないフラットな生地ですので
細かい染めや加工がしやすいのが特徴です。

シャンタンに比べ少し薄手の生地ですが、コンパクトに折りたためて
包む際も結びやすい風呂敷です。

古くから愛されている

ブッチャーは、縦・横に紬風の不規則な節が入った
織り方が特徴です。
高級感とナチュラル感を兼ね備えた生地です。

文字の説明だけでは、少しわかりにくいかもしれません。
風呂敷の製作会社の中には、生地の見本を
一部送ってくれるところもありますので、
気になった場合はぜひ問い合わせてみてください。


ページのトップへ戻る