たった一つの記念日に思いを込めた風呂敷を

風呂敷の使い道を色んな方向から考えてみる

 

持ち手をつけるアレンジの楽しみ方

 

風呂敷はアレンジ次第で様々な物が包めますし、
バッグのための包み方もたくさんあります。

折り方や結び方で様々な形や大きさのバッグが出来ます。
最近では、風呂敷をバッグとして使うための
リングやベルトのような持ち手も豊富に販売されており、
楽しみ方の幅は更に広がってきています。

風呂敷一枚でもバッグは作れますが、持ち手を別途用意することで
アレンジの幅もさらに広がり、大きなバッグが作りやすくなります。

banner

というのも、風呂敷バッグは対角線上、または一辺の両端を結んで
持ち手を作ります。この部分に布の面積を多く使用するからです。

手を通しやすくしようとすると、荷物を入れる部分が小さくなります。
そのため、風呂敷一枚でバッグを作る際には、大きなサイズのものを
用意することが推奨されています。

ただ、 「柄が気に入っているから、小さくてもこの風呂敷を使いたい」
そんなかわいいわがままを、叶える方法もあります。

一つ目は、2枚を組み合わせて利用し、1枚を持ち手としてだけ使う方法。
2つ目が、前述の専用アイテムを利用する方法です。

ちょうど手が通せるサイズのリングが2つ、セットになって販売されています。

素材もプラスティック製のお手ごろ価格のものから、
竹製の和な雰囲気たっぷりのものまで、様々なものがあります。

お気に入りの風呂敷と組み合わせて、オリジナルバッグを
作ってみてはいかがでしょうか。

演出する


ページのトップへ戻る